介護体験 

救護施設 旭 寮
2001/4/10 開設
介護体験
教育職員免許特例法による介護等体験受入調整事業及び司法修習生の弁護実務修習「社会修習」
    平成10年度以降大学に入学する学生等で、小学校又は中学校の普通免許状を取得しようとする者は、社会福祉施設や特殊教育諸学校などにおいて、文部大臣が定める期間(7日間)介護等の体験を行い、施設や学校が発行する体験に関する証明書を免許状授与申請の際提出することが必要になりました。(介護等体験特例法

    平成11年度より日本弁護士連合会では、司法修習生が社会人の一員たる法律実務家としての基本的な姿勢を養い、社会の実相を身をもって感得することを目的に、「社会修習」を実施しています。日弁連では新聞社などの報道機関とともに、社会福祉施設を実習先としています。

旭寮は介護体験の指定施設です
    義務教育の教員および弁護士の資格を目指している方は、お気軽にお問い合わせ下さい。
    これら介護等体験受け入れや社会修習の調整や説明は、各都道府県の社会福祉協議会が行っています。より詳しい内容をお知りになりたい方は、そちらまでお問い合わせ下さい。
    旭寮の介護体験について、より詳しい内容をお知りになりたい方は、長野県社会福祉協議会・福祉人材研修センターまでお問い合わせ下さい。